レッドブルに精力アップ効果は期待できません!配合成分と効果・効能を徹底調査

レッドブル(Red Bull)は、オーストリアのRed Bull GmbHという企業から販売されている清涼飲料水です。

テレビCMも放送されていて、「レッドブル、翼を授ける!」というフレーズを何度か耳にしたことがあると思います。

近所のコンビニやドラッグストアなどでも販売されていますね。

エナジードリンクとして知られているため、精力アップに効果があるような気がしますが、実際は大きな効果は期待出来ません。



エナジードリンクとは・・・


エナジードリンクは海外で誕生した飲み物で、ここ数年の間に日本国内でも販売されるようになりました。

栄養ドリンクと混同している方が大勢いますが、実は異なる飲み物です。

エナジードリンクは『炭酸飲料』に分類されています。

また、海外製のエナジードリンクには日本国内でそのまま販売できない成分が含まれているケースがあり、日本用に成分を変更している商品も存在します。

実際に今回紹介しているレッドブルも日本用に含有成分が変更されています。

海外製のレッドブルにはタウリンが配合されていますが、日本用にはタウリンが含まれていません。

その代わりにアルギニンが配合されています。

海外製のレッドブルにはリポビタンDなどと同量のタウリン1,000mgが配合されていて、医薬部外品に分類されてしまうため、タウリンの代わりにアルギニンが配合されています。


栄養ドリンクとの違い

一方の栄養ドリンクは含有成分によって『医薬部外品』に分類されています。

医薬部外品として取り扱われることで、商品説明で滋養強壮や栄養補給などの表示が可能となります。

エナジードリンクにはこのようなアピールをすることはできません。

そのため、レッドブルの「レッドブル、翼を授ける!」などのように、曖昧な表示しか許可されていないのです。



配合されている成分

レッドブル
レッドブルに含まれている成分はカフェインやアルギニン、ビタミンB群、砂糖・ブドウ糖、アルプスの水です。

ここでは精力アップに関係がありそうな成分のみをピックアップして、その効果・効能を見ていくことにします。

カフェイン

カフェインは紅茶やカカオ豆、コーラナッツなどから抽出される成分です。

このカフェインには覚醒作用や解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用などが挙げられます。

中でも一番知られている効果が覚醒作用ですね。

カフェインを体内に摂取すると、アデノシン受容体と結びつき、脳内の中枢神経が興奮状態になるためです。

眠気を抑えてシャキッとしたい時に有効な成分です。

レッドブルには1缶あたり80mgのカフェインが含まれていて、コーヒーとほぼ同量のカフェインを摂取することができます。


アルギニン

アルギニンは準必須アミノ酸の一種です。人間が正常に機能するために欠かせない成分で、さまざまな領域に関与しています。

主な効果・効能としては成長ホルモンの分泌促進と血管拡張作用があります。

男性ホルモンの分泌を促すことで生殖機能を改善して、勃起力を高めることができます。

また、ペニスが勃起するためには大量の血液が必要で、アルギニンの血管拡張作用によってペニスの海綿体に大量の血液を流入することでスムーズに勃起できるようになります。

アルギニンが配合されていることで精力アップ効果が期待できると考えてしまいますが、レッドブルに含有されているアルギニン量は1缶あたり222mgしか配合されていません。

アルギニンの効果・効能を実感するためには1日あたり6~7g(6,000~7,000mg)を摂取する必要があります。

レッドブルを1缶飲んだだけではアルギニンの効果を実感することはできません。


ビタミンB

レッドブルにはナイアシンアミド(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6やビタミンB12などのビタミンB群が含まれています。

ナイアシンは三大栄養素(タンパク質、脂質、タンパク質)をエネルギーに変換する際に欠かせません。ナイアシンが不足すると、倦怠感や食欲不振を促します。

パントテン酸は副腎皮質ホルモンの分泌を促進する働きがあります。さらにその他のビタミンB群の働きをサポートする役割も担っています。

ビタミンB6はタンパク質と脂質の新陳代謝を実施する際に重要な成分です。

そしてビタミンB12は赤血球を生成する働きがあり、不足すると貧血を引き起こす恐れがあります。

このように新陳代謝を促す働きがあることからホルモンの分泌量を促す効果があるため、精力アップ効果も期待出来ますが、あくまで間接的な効果に止まります。



飲み過ぎは要注意

副作用
レッドブルは清涼飲料水ということで、飲み方などにおいては特に決まりはありません。

ちなみに公式サイト内では、ドライブをする時や勉強、仕事をする時などにシャキッとしたい前に飲むことを勧めています。

レッドブルは飲み過ぎによって、身体に悪影響を及ぼす恐れがあるので注意をして下さい。

それはカフェインの過剰摂取における副作用です。カフェインの副作用には急性中毒と慢性中毒の2種類があります。

急性中毒

心拍数の増加、不整脈、動悸、血流増大

呼吸困難(過呼吸など)、歩行困難

胸痛、胃痛、嘔吐

感覚過敏、精神錯乱、幻覚、幻聴


慢性中毒

神経過敏、興奮

睡眠障害

頻尿

頻脈


カフェインの副作用が現れる摂取量は個人差がありますが、1回の摂取量が250mg~300mgを超えると危険です。

また、1日の摂取量としては1,000mgを超えないように気を付けて下さい。

そのため、レッドブルを飲む場合は、1日1缶くらいに抑えるようにしましょう。



レッドブルでは精力アップ効果は期待できない

バッド
冒頭でも述べているように、レッドブルを飲んだくらいでは精力アップ効果は期待できません。

「最近思ったように勃起しなくなった・・・」とか「途中でペニスが萎えてしまう・・・」などの悩みを抱えているのであれば、精力剤を試してみて下さい。

精力剤は勃起力を高めるために開発されたサプリメントです。

ED治療薬のバイアグラなどのような即効性はありませんが、毎日継続して飲み続けることで、若かった頃のような下半身の元気を取り戻すことができます。

また、天然成分のみで作られているので、バイアグラのような副作用の心配なく安心して飲み続けることができます。

当サイトでもたくさんの精力剤を紹介しています。興味がある方はぜひ参考にして下さい。









この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

 

おすすめ!精力剤ランキングTOP5

ランキング

もしあなたが「思ったように勃起しなくなった・・・」「男としての自信を失いかけている・・・」などの悩みを抱えているのであれば、一度精力剤を試してみて下さい。

天然成分の力で副作用の心配なく体質を改善して、若かった頃の元気(勃起力)を取り戻すことができます。

どの精力剤が良いのか迷っているなら、下記のページを参考にして下さい。