性欲が湧かない・・・性欲減退の原因と改善策を紹介します

年齢を重ねるにつれて勃起力が低下して、思うように勃起できない悩みを抱える男性がいます。

しかしその一方で、性欲自体が減退して性行為に及ぶ意欲が湧かないという悩みを抱えている男性も存在します。

両者の違いは一体どこからくるのでしょうか?

今回は「性欲自体が湧かない・・・」という悩みに関してその原因と改善策を詳しく見ていきましょう。


性欲と男性ホルモンの関係性

性欲と男性ホルモン

10代~20代の若い年代は性欲が盛んで四六時中女性のことばかり考えている男性が多いです(笑)

そのため20代までの若い男性で性欲減退に悩む割合は少ないです。

性欲減退に悩む男性は30代後半~40代くらいの年代から徐々に増えていきます。

その理由は男性ホルモンの分泌量に関係しています。男性ホルモンの大半を占めるテストステロンという成分は男性の身体や心の状態を左右する重要な要素です。

例えばガッチリとした骨格や筋肉を作ったり、ペニスの発育や性欲を高める作用があります。


精神面に関してはバイタリティを高めて行動の原動力になったり、幸福感ややる気の源となるドーパミンを作り出す働きがあります。



テストステロンの減少

ダウン
20代前半まではテストステロンが豊富に分泌されますが、35歳を過ぎた辺りからテストステロンの分泌量が減少していきます。

テストステロンの分泌量が減少することで性欲も減退していくため、性行為に及ぶ意欲が失われていくのです。

もちろん性欲は個人差があるので、40歳を過ぎても50歳を過ぎても性欲が盛んな男性は存在します。

また、テストステロンが減少することで更年期障害を患う恐れがあります。更年期障害は女性に多い症状だと認識している方々が多いですが、男性でも更年期障害を患うことがあります。

テストステロンの減少は性欲が減退するだけではなく、精神面にも悪影響を及ぼします。


例えば集中力が低下したり、無気力になったり不眠の悩みを抱えるケースもあります。



精神的要因

ストレス
性欲が減退する原因は年齢だけが理由ではありません。うつ病や不安、人間関係などによる精神的な要因によっても性欲が減退するケースがあります。

うつ病

うつ病とは、「憂鬱な気分がいつまで続く」「意欲が低下する(やる気が起こらない)」「食欲がない」などの症状が現れますが、「性欲が湧かない」というケースもあります。

また、うつ病を治療する際に抗うつ剤を服用することがありますが、その薬の副作用によって性欲の低下や性機能障害を起こすことがあります。


ストレスや不安

心身が疲れている時や心配事がある場合は性欲が減退する傾向があります。職場や家庭においてストレスや悩みを抱えているケースが該当します。

脳の視床下部において男性ホルモン(テストステロン)の分泌量をコントロールしています。

毎日過度なストレスや不安を感じ続けていると、脳が正常な指令を出すことが難しくなり、十分な量のテストステロンが分泌されなくなり、性欲が湧かなくなるのです。



性欲減退の改善策


性欲の減退を改善する方法はいくつか存在します。性欲を高めるための改善策を下記で紹介します。

精神面の安定

性欲は精神面に大きく左右されます。日頃から精神面を安定させることは性欲を改善するために大きな影響を与えます。

日頃から仕事のストレスなどを抱えている方は休日を上手に活用してリフレッシュすることを心がけましょう。

自分がリラックスできる時間を意識して作ったり、趣味に没頭する時間を作ることである程度はメンタル面を安定化させることはできます。


適度な運動

運動不足や筋力が低下することでテストステロンの血中濃度が低下すると言われています。

そのため、定期的に適度な運動を取り入れることも効果があります。運動をすることで男性ホルモンの分泌が促進されるだけでなく、凝り固まった筋肉をほぐすことで血液の流れが改善されます。

性欲を高めるためには特に股関節をほぐす運動を取り入れましょう。例えば、ウォーキングやサイクリングなど下半身を重点的に動かすことで性欲を高める効果が期待できます。

また、筋トレをする場合はスクワットなどで太ももの筋肉を重点的に鍛えることをおすすめします。

適度な運動はメンタルを安定させる効果も期待できるので、ぜひ取り入れてみて下さい。

適度な運動

食生活の改善(男性ホルモンを分泌を促進する食事)

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が少なくなっている場合は食生活を改善することで、ある程度は改善することができます。

精力を高める食材として有名なのが牡蠣です。牡蠣には亜鉛が豊富に含まれていて、別名「セックスミネラル」と呼ばれています。

また、生姜なども効果的な食材です。冷え性などに効果のある食材で血流を改善することによって勃起力や性欲をアップする効果が期待できます。

その他にもスッポンやマムシ、ニンニクなども性欲を高める効果があります。

牡蠣

サプリメントの活用

但し、これらの食材は日常生活で定期的に摂取することが難しいものが多いです。

そこでおすすめなのがサプリメントを活用することです。食事の際にサプリメントも一緒に摂取することでバランス良く栄養を吸収することができます。

性欲をアップするためにはサプリメントタイプの精力剤が最適です。性欲を高める成分がバランス良く配合されているので、徐々に体質から改善していくことで性欲をアップさせることができます。

精力剤は天然成分で作られているので、ED治療薬のような即効性はありませんが、その分副作用の心配がなく安心して摂取することができます。

性欲の減退に悩んでいるのであれば、一度精力剤を試してみることをおすすめします。


サプリメント


ED治療薬では性欲を改善できない

バッド
「性欲がなくなったらバイアグラを飲めばよいのではないか?」と考える人も多いですが、残念ながらバイアグラでは性欲を改善することはできません。

バイアグラやレビトラなどのED治療薬は勃起不全を治療することを目的に開発された医薬品です。

体内に摂取することで、勃起力を高める効果は期待出来ますが、性的な興奮を増大させる効果はありません。

つまりバイアグラを飲むだけで勃起することはなく、脳に性的興奮や刺激を受けることで勃起を促進させるのです。


※バイアグラの詳細ページ
⇒ ED治療薬バイアグラの詳細ページ



男性ホルモンの分泌を増加させる精力剤

筋肉
男性ホルモンの分泌量を高める成分としてはアルギニンが代表的ですね。

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内で合成される成分です。

体内のアルギニンが不足すると、男性ホルモンの分泌量が低下するだけでなく、肌の老化を早めたり、むくみや肥満、臓器機能の低下などを招く恐れもあります。

年齢を重ねるにつれて減少していくため、40代を迎える辺りから積極的に摂取したい成分です。

大半の精力剤にはこのアルギニンが配合されています。


マカやクラチャイダム

アルギニンはマカやクラチャイダムといった植物に豊富に含まれています。

特にクラチャイダムはアルギニンの含有量が豊富です。マカもアルギニンが豊富で、世界中で健康食材として人気がありますが、そのマカの約2倍以上のアルギニンが含まれています。

アルギニンを積極的に摂取したいと考えているなら、クラチャイダムを配合している精力剤を試してみることをおすすめします。

※クラチャイダム100%配合の精力剤
クラチャイダムゴールド
⇒ クラチャイダムゴールドの詳細ページ



まとめ


性欲の減退はいくつかの原因が考えられます。まずは「なぜ性欲が湧かないのか?」という根本的な原因を解明することが先決です。

原因を解明した上で適切な改善策を実施することで、若い頃のような性欲を取り戻すことができます。

日頃の食生活において「アルギニンが不足しているのではないか・・・」と感じているのあれば、今回紹介したアルギニンが豊富に配合されている精力剤を試してみて下さい。

アルギニンを積極的に摂取することで男性ホルモンの分泌が活発になり、性欲が改善する可能性が高いです。

一度じっくりと時間をかけて、日頃の生活パターンや心の中を覗いてみて下さい。きっと何かヒントが見つかるはずですよ^^



この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

 

おすすめ!精力剤ランキングTOP3

ランキング

もしあなたが「思ったように勃起しなくなった・・・」「男としての自信を失いかけている・・・」などの悩みを抱えているのであれば、一度精力剤を試してみて下さい。

天然成分の力で副作用の心配なく体質を改善して、若かった頃の元気(勃起力)を取り戻すことができます。

どの精力剤が良いのか迷っているなら、下記のページを参考にして下さい。