セックスの途中にペニスが萎えてしまう・・・中折れの原因と改善策を紹介

男性の中にはセックスをしている最中に中折れをして最後まで到達しなかったということを経験したことがある方も存在します。

一度中折れを経験してしまうと、それ以降にセックスする機会が訪れた際に「また中折れするんじゃないのか・・・」という不安を抱いてEDとなってしまうケースもあります。



中折れに悩んでいる男性は多い


中折れとは、セックスの途中で勃起しているペニスが萎えてしまうことを指します。

2009年に製薬会社ファイザーが成人男性7,710名を対象に実施した中折れに関するアンケート調査では、30代では約4割、40代では約6割、50代では約7割という方々が中折れを経験したことがあると回答しています。

30代から徐々に割合が増加していることから、加齢による身体機能の衰えや性欲自体の減退が大きく影響していることが理解できます。


このファイザーが実施した調査結果を見てみると、想像していたよりも中折れをすることに悩んでいる男性が多いことが分かりますね!



中折れの主な原因


中折れをしてしまう原因は大きく心理的な要因と身体的な要因に分類することができます。

心理的な要因

心理的な要因によって中折れしてしまうケースを「心因性勃起不全」と呼びます。

身体的には異常がないのですが、不安や緊張、焦り、プレッシャーなどによってセックスの最中に性的な興奮が冷めてしまい、勃起していたペニスが萎えてしまうのです。


一度中折れの経験をしてしまうと、次回のセックス時にも不安を感じてしまい、余計に中折れしやすくなるという悪循環となる傾向があります。


身体的な要因

中折れをするだけでなく、朝勃ちする回数も少なくなっている場合は身体的な要因が考えられます。

この身体機能の異常や障害によって中折れしてします症状を「器質性勃起不全」と呼びます。

ペニスは海綿体の動脈に大量の血液が流れ込んで海綿体の血液が充満することで勃起する仕組みになっています。

血管や血流に異常がある場合は、スムーズに勃起することが困難になります。


例えば高血圧や糖尿病、高脂血症などを患っている場合は動脈硬化を引き起こすことも多いのでその結果、器質性勃起不全になる可能性も高くなります。



間違ったマスターベーション

バッド
中折れを引き起こすその他の原因としては、間違ったマスターべーションをしていることも考えられます。

マスターベーションは人それぞれやり方があります。実際のセックスでは中折れをすることがあるけれど、マスターベーションなら最後までいけるという場合は、日頃のマスターベーションの方法に問題があるのかもしれません。

例えば、より強くペニスを握ってマスターベーションをしていたり、強く手を動かしたり、あるいは床や布団にペニスを擦りつけてマスターベーションをしている場合は要注意です。

これらの方法は確かに強い刺激を感じることができるのですが、通常のセックスの時よりも刺激が強く、女性の柔らかい膣内では刺激を感じにくくなってしまうのです。

その結果、通常のセックスでは刺激を感じにくくなって興奮度が減退して、最後まで勃起状態を維持することができなくなることがあります。


もしあなたがこのような方法でマスターベーションをしているのであれば、今すぐ中止してオーソドックスな方法に変えることをおすすめします。



男性ホルモンを増加させる方法とは・・・

筋肉
中折れで悩んでいる場合は男性ホルモンが減少していることが大きな原因だと考えられます。

男性ホルモンのテストステロンにはペニスが勃起する際に海綿体に血液を流し込む際に重要な役割を担う一酸化窒素を供給する働きがあります。

つまりテストステロンの分泌量を増やすことで精力をアップさせて中折れを解消することが期待できます。

テストステロンを増やす方法はいくつかあります。ここで簡単にいくつかテストステロンを増やす方法を紹介しておきます。

適度な運動

運動をして筋肉を刺激することによって、テストステロンの分泌量がアップします。

例えば、筋トレなどを定期的に実施することをおすすめします。

特に短時間での激しい運動をすることで効率的にテストステロンが増加します。

運動

脱水症状や過度なトレーニングには気を付けよう
但し、激しい運動をする際は脱水症状や、過度なトレーニングには十分に注意をして下さい。

身体の水分が不足すると、テストステロンの分泌量が減少してしまいます。

さらに過度なトレーニングはストレスも発生させるため、テストステロンの働きと相反するコルチゾールを増加させるため、テストステロンの分泌を抑えてしまうのです。


ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は、テストステロンの分泌にさほど影響を与えません。

また、何十キロと走る行為は逆にテストステロンの分泌量を減少させてしまいます。


睡眠時間の確保

テストステロンは睡眠とも大きく関わっています。テストステロンは睡眠中に体内で生成されるので、質の良い睡眠を取ることは非常に効果があります。

逆に毎日睡眠時間が少なく、不眠傾向がある場合は体内のテストステロンの量が不足しがちになります。

特に22時~2時までの時間帯にはしっかりと睡眠をとるようにしてください。

睡眠

食べ物

食べ物に含まれる成分の力を借りて、テストステロンの生成をサポートすることができます。

例えば、ネギやタマネギ、ニンニクなどに含まれている含硫アミノ酸にはテストステロンの生成をサポートする働きがあることが分かっています。

その他には卵や牛肉、豚肉、鶏肉、魚、牛乳など、タンパク質が豊富に含まれる食べ物は男性ホルモンが増加できるだけでなく筋肉量増強効果も期待できます。

もちろんこれらの食材ばかりを重点的に摂取するのではなく、バランス良い食事をすることが何よりも大切です。

食事


精力剤を試してみよう


中折れを防ぐための方法として精力剤を試してみるのもおすすめです。

精力剤は文字通り男性の精力を高めるために開発された商品です。天然成分で作られている精力剤の場合は副作用の心配なく必要な栄養素を摂取することができます。

もちろん食べ物で摂取することも可能ですが、毎日必要な栄養を摂取するのは現実的には困難です。

サプリメントタイプの精力剤なら簡単に栄養を摂取することが可能です。

精力剤は即効性はないですが、毎日継続して摂取することで徐々に体質を改善して、正常な生殖機能を取り戻すことができます。

男性ホルモンのテストステロンを増加させるために有効な成分としては亜鉛やアルギニン、マカなどが挙げられます。

亜鉛を摂取できる精力剤

亜鉛はミネラルの一種で、タンパク質を合成する際に欠かせない栄養素です。

精子の生成やED(勃起不全)の改善に効果を発揮します。

亜鉛を豊富に配合している精力剤としてはレッドドラゴンが挙げられます。

レッドドラゴンでは1日の摂取目安量となる9mgの亜鉛を簡単に摂取できます。

レッドドラゴン
⇒ レッドドラゴンの詳細ページ



アルギニンを摂取できる精力剤

男性ホルモンの分泌量を増やしたいのであればアルギニンが効果的です。

アルギニンが豊富に配合されている精力剤としてはバイタルアンサーがおすすめですね。

バイタルアンサーなら1日あたり1,600mgのアルギニンを摂取することができます。

バイタルアンサー
⇒ バイタルアンサーの詳細ページ


マカを摂取できる精力剤

マカは健康食品として人気がある食材で、健康を維持するために欠かせない五大栄養素を全て含んでいるだけでなく、必須アミノ酸やミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。

また、ホルモンバランスを調整して自律神経を正常に機能させてくれるため、心因的・身体的の両方の原因を改善して中折れの悩みを解消させてくれます。

マカを効率的に摂取して中折れを解消したいのであれば、『凄いマカ』がおすすめです。

有機マカが100%配合されているので、しっかりとマカの効果・効能を実感することができる精力剤です。

凄いマカ
⇒ 『凄いマカ』の詳細ページ



体質によって効果が実感できる成分は異なるので、まずはあなたが興味を抱いた成分が配合されている精力剤を試してみてください。

上記で紹介している精力剤はどれも人気の商品なので、きっとあなたの中折れの悩みも解消させてくれますよ!





この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

 

おすすめ!精力剤ランキングTOP3

ランキング

もしあなたが「思ったように勃起しなくなった・・・」「男としての自信を失いかけている・・・」などの悩みを抱えているのであれば、一度精力剤を試してみて下さい。

天然成分の力で副作用の心配なく体質を改善して、若かった頃の元気(勃起力)を取り戻すことができます。

どの精力剤が良いのか迷っているなら、下記のページを参考にして下さい。