最近思うように勃起しない・・・EDの原因を解明して精力・勃起力を取り戻そう

年齢を重ねるに従ってED(勃起不全)に悩む男性は増えていきます。

少し古いデータですが、1998年に日本臨床が実施した調査では、成人男性の4人に1人の割合で勃起が十分ではない『中等度のED』、もしくは勃起することができない『完全ED』になっているという結果が公表されました。


年齢別ED有病率

特に40歳を過ぎた辺りからEDの症状が現れ始める割合が増えていくという傾向が分かりました。

EDは男性としての自信を失ってしまう恐れがあり、仕事やプライベートなどでも悪影響を及ぼすことがあります。


ED(勃起不全)とは・・・


EDの正式名称は「Erectile Dysfunction」で、日本語では勃起不全や勃起障害と訳されます。

思い通りに勃起することができない状態のことを『ED』と言います。


その他にも勃起するまでに時間がかかったり、勃起をしても途中で萎えてしまって最後の射精まで上手くいかないなどの症状がある場合はEDの疑いがあります。


⇒ 精力剤を利用することでEDが治る可能性もあります


EDの仕組み


性的な刺激を受けると脳から神経を経由してペニスまで伝わり、海綿体の動脈が拡張して血液が多量に流れ込みます。

ペニスの海綿体はスポンジ状になっているので、血液が流れ込むことでペニスが大きくなって勃起します。これが正常な勃起です。

しかし、血管自体に障害がある場合は海綿体の血管拡張が十分にできずに必要な血液を流れ込むことが困難になります。その結果、ペニスが勃起し難くなるのです。

また、神経に障害がある場合も同様で、勃起するまでに時間がかかったり十分な機能を発揮することができなくなります。

EDになる恐れがある原因とは一体どのようなケースがあるのでしょうか?



心理的なストレス

ストレス

最も多いEDの原因が心理的なストレスから生じるケースです。心理的なストレスは大きく2つに分類できます。

現実心因

日常の些細なことが積み重なってストレスとなりEDになることがあります。

例えば、パートナーとの関係が上手くいっていなかったり経済的なストレスを抱えていたり、あるいは毎日の仕事が忙しくて疲れが溜まっている場合などに勃起する力が弱まることがあります。

一度上手くいかなかった経験があると、次回のセックスの際にプレッシャーを感じで余計に勃起しなくなるケースも多いです。

深層心因

日常生活などでは大きなストレスは感じていないのですが、幼少期などの体験や性的なトラウマなどが原因となって、心理面における深層にある何かが原因となって勃起する力が弱まることがあります。

深層心因は表面的には分からないので原因を解明するために時間がかかるという特徴があります。


※ストレスとEDの関連ページ
⇒ ストレスを抱え込むとEDになるの?心因性EDとストレスの関係とは・・・



加齢による精力減退

男性
40歳を過ぎた辺りからEDの症状が出てくる男性は多いです。30代から中折れの悩みが徐々に増えてきて、40~50代までは中折れが大半を占めています。

60代になると勃起時のペニスの硬さが不足していたり、勃起自体がしないケースも見受けられます。

年齢を重ねるにつれて血管や神経などに様々な障害が起こることが原因です。

特に動脈硬化による血管障害はEDの大きな原因となっています。

加齢自体は避けられないものなので、普段から健康に関心を持って病気にならないように注意することが大切です。

また、40代の男性は仕事においても管理職などの責任ある地位を任させるなどでストレスを感じやすい年代に該当します。

毎日プレッシャーやストレスを抱え込むことでEDになりやすくなります。


男性ホルモンの減少もEDと大きな関わりがあります。

また年齢を重ねると男性ホルモンが減少していきます。男性ホルモンの分泌量は思春期の頃にピークを迎えて、そこから徐々に減少していきます。

そして40代を迎える頃にはピーク時の2分の1程度の分泌量になってしまうのです。

男性ホルモンは神経や血管に作用して、NO(一酸化窒素)やサイクリニックGMPという分子を生成して勃起を促す働きを担っています。

つまり男性ホルモンが減少することで、性欲や精力がなくなってEDを発症する確率が高くなるのです。


⇒ 精力剤を利用することでEDが治る可能性もあります


生活習慣病

生活習慣病

上記で紹介しているように、動脈硬化による血管障害が原因でEDになります。

そのため、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が原因で血管障害を起こしてEDになるケースも多いです。

実際に糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病とEDを併発するケースは非常に多いです。

糖尿病になると血管や神経などに障害が起こります。高血圧と脂質異常症は動脈硬化を引き起こす原因となっています。



神経系の障害

神経
その他には神経系の障害によってEDとなる可能性もあります。

冒頭でも紹介したように、ペニスが勃起をするためには神経の伝達が重要な役割を担います。

中枢神経や脊髄神経、末梢神経のいずれかに障害が起こると、脳からの伝達がペニスにまで上手く伝わらずに思い通りに勃起するのが困難になります。

また、脳出血や脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマーなどを患った場合は自律神経に障害を起こるためEDの原因となる可能性があります。



EDの治療方法

医師
まずは医師による問診が実施されます。主に勃起能力などを確認されます。大半のケースでは薬で治療するので、薬を服用しても問題がないかを確認するために問診を行います。

ED治療薬としてはバイアグラやレビトラ、シアリスなどが有名ですね。これらのED治療薬を服用することでEDの症状を改善することができます。

また、中には「男性としての現役は諦めているのでED治療をする必要はない」と考えている方もいます。

しかし動脈硬化が原因でEDになっている場合もあるので、念のため病院で診察を受けることをおすすめします。

もしかしたら動脈硬化の進行や神経障害などが見つかることも考えられます。


EDの治療を行うことで根本的な原因が見つかり、第2の病気を発見・予防することができるかもしれません。



精力剤を利用することでEDが治る可能性もあります

回復
とは言っても、下半身の悩みは非常にデリケートで、医師に相談することを躊躇する男性も意外と多いです。

特に生活習慣病の危険性もなく「わざわざ病院で診てもらうほどではない」と思っているのであれば、精力剤を試してみてはどうでしょうか?

加齢によって男性ホルモンの分泌量が低下していたり、日頃の偏った食生活が原因である場合は精力剤を活用することで、EDが改善することができます。

精力剤は文字通り、精力を高めることを目的として開発された商品で、健康に良い天然植物や動物エキスなどが配合されています。


男性ホルモンの分泌を増加させる

例えば、男性ホルモンの分泌量を高める成分としてはアルギニンが代表的ですね。

アルギニンはマカやクラチャイダムといった植物に豊富に含まれています。

男性ホルモンは文字通り男性らしさを形成する成分で、男性には欠かせないものです。

勃起力が回復するだけでなく、何事にもやる気が湧いてきたり、心筋梗塞や脳梗塞といった病気のリスクも減らすことができるメリットがあります。

クラチャイダム100%配合の精力剤
クラチャイダムゴールド
⇒ クラチャイダムゴールドの詳細ページ


有機マカ100%配合の精力剤
凄いマカ
⇒ 『凄いマカ』の詳細ページ


勃起力が高まる

その他にもシトルリンという成分は血流を増大させる働きがあり、勃起力を高める成分として知られています。

ペニスが勃起するためには海綿体に大量の血液を送り込む必要があります。

最近勃起し難くなっているのは血流が悪くなっていて、海綿体に必要な血液が送り込まれていないことが原因かもしれません。

シトルリンを積極的に摂取してペニスの海綿体に必要な血液を送り込むことで、以前のようにしっかりと勃起することができるようになるかもしれません。


シトルリン配合の精力剤
ゼファルリン
⇒ ゼファルリンの詳細ページ


精力剤を試してみて下さい

思ったように勃起しなくて悩んでいるのであれば、一度精力剤を試してみてはどうでしょうか?

体質から根本的に改善することでEDの症状が回復するケースは多いです。

まずは精力剤を数ヶ月じっくりと試してみて、それでも症状が一向に改善できないのであれば、その時に病院で診察を受けるのも良い方法だと思います。

精力剤の特徴をまとめた記事を下記に掲載しているので、精力剤に興味がある方はぜひチェックしてみてください。





この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

 

おすすめ!精力剤ランキングTOP3

ランキング

もしあなたが「思ったように勃起しなくなった・・・」「男としての自信を失いかけている・・・」などの悩みを抱えているのであれば、一度精力剤を試してみて下さい。

天然成分の力で副作用の心配なく体質を改善して、若かった頃の元気(勃起力)を取り戻すことができます。

どの精力剤が良いのか迷っているなら、下記のページを参考にして下さい。